株式会社 山中工務店

FAQ

はじめに 古民家再生 丸太作り 新築工事 家を建てる 古材・古建具 FAQ

山中工務店トップページ > FAQ

古民家や古材に関する質問をまとめました。

 

このページでは、古民家や古材に関してお客様からよくいただく質問と、それに対する回答を掲載しています。このほかにも何か質問や相談がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

 

Q1) 新築の家に旧家の古材を使いたいのですが、可能ですか?
Q2) リフォームで古材を利用したいと思っているのですが?
Q3) 古材や古建具を購入することはできますか?
Q4) 店舗づくりに古材を使ってデザイン的に工夫したい場合、何かいい方法がありますか?
Q5) 古材を使う古民家再生は、強度の面で心配はありませんか?
Q6) 伝統構法の木組みの家で、耐震性に問題はありませんか?
Q7)  伝統構法の家づくりは、工期が長いとか?
Q8) 古材で家を建てるには、どれくらいの費用がかかりますか?
Q9) 予算が厳しいなかで、どうしても古材を使いたいのですが?

 

Q1) 新築の家に旧家の古材を使いたいのですが、可能ですか?

A) 可能です。

住まいは、長く住まわれていればいるほど愛着がわくもの。そこに使われていた古材を新築の住まいでも使いたいと思うのは当然でしょう。古民家再生で実績のある当社に、ぜひご相談ください。

Q2) リフォームで古材を利用したいと思っているのですが?

A) もちろん可能です。

当社では、関東各地の古い民家や蔵から仕入れた古材を豊富に在庫しています。「古材・古建具」のページをご参照ください。

Q3) 古材や古建具を購入することはできますか?

A) はい、できます。

当社では、関東各地の古い民家や蔵から仕入れた古材を豊富に在庫しているので、単品でお売りすることもできます。詳しくは「古材・古建具」のページをご参照ください。

Q4) 店舗づくりに古材を使ってデザイン的に工夫したい場合、何かいい方法がありますか?

A) ご提案いたします。

店舗づくりを古民家再生で行えば、極めて印象的なデザインの店舗になります。また、建物全体を古民家で再生することが予算的に厳しい場合でも、ポイント的に古材を使用すれば癒しの感じられる空間づくりができると思います。

Q5) 古材を使う古民家再生は、強度の面で心配はありませんか?

A) 強度が弱くなることはほとんどありません。

現存する日本最古の木造建築物として知られる法隆寺の五重塔は、建築から1,300年を経ても健在です。木は伐採後も、生木として生育した期間と同じだけ耐久性があると言われています。しかも、木組みで作られている古民家は、1本1本の木材を傷つけることなく解体できるので、強度が弱くなることはほとんどありません。

Q6) 伝統構法の木組みの家で、耐震性に問題はありませんか?

A) ご安心ください。

伝統構法以外の木造住宅は、補強金物を多用した「剛構造」の作りになっているのに対して、伝統構法は木組みによる、しなるようなねばりのある柔構造になっています。その耐震性の高さは、古民家が何世代にもわたって住み継がれていることが証明しています。

Q7) 伝統構法の家づくりは、工期が長いとか?

A) 伝統構法の家づくりには時間がかかります

工場でプレカットした工業規格的な材料を多用する他の工法と比較すれば、職人による手間を惜しまない伝統構法の家づくりには時間がかかるかもしれません。でも、だからこそ安心・安全で、いつまでたっても飽きのこない住まいができるのではないでしょうか。

Q8) 古材で家を建てるには、どれくらいの費用がかかりますか?

A) ケースにより異なりますのでご相談ください。

費用は敷地の状況や間取り、プラン、古材をどのくらい使用するか等によって大きく異なるので、一概にいくらとは言えません。無料でお見積もりをするので、気軽にご相談ください。

Q9) 予算が厳しいなかで、どうしても古材を使いたいのですが?

店舗に古材(柱)を利用A) ご相談ください。

家全体を古材で建てることが無理でも、ポイント的に古材を使ってみるのはいかがですか。
例えば古材の梁や柱を使っただけでも、個性的な住まいになります。また建物の構造に関わらない部分での「デザイン的」な使用や、部屋単位での施工も可能です。

(右写真:店舗に古材柱を利用)

ページ先頭へ

copyright(C)yamanaka-koumuten.all rights reserved.
株式会社 山中工務店 〒368-0035 埼玉県秩父市上町3丁目12番48号 TEL.0494-24-8211