株式会社 山中工務店

古材・古建具

はじめに 古民家再生 丸太作り 新築工事 家を建てる 古材・古建具 FAQ
古材 古建具

山中工務店トップページ > 古材・古建具

山中工務店の古材・古建具・古民具

◇ 独自の視点で保存

山中工務店では長年にわたり様々な建築工事に携わる中で得られた廃棄されるであろう「建築材」や「建具・生活具」を独自の視点で保存し続けてきました。

それは捨てるにあまりに惜しい先達たちの技や今では入手さえ困難な材料の良さが反映された建築材」や「建具・生活具」の数々。

◇ 新たな価値観や技術の下で再利用

古民家のページで前述致しましたが「人々のくらしや行祭事・礼儀作法と深く関わりあう中で、民家は独自の精神性を反映し、文化を形成してきました」とあるように「建築材」や「建具・生活具」も同様なことがいえます。

歳時を経て往時の「建築材」や「建具・生活具」も、今では新たな価値観や技術の下で「古材・古建具」「古民具」として再利用できます。

 

◇ 再利用はくらしを豊かなものする新たな価値観

私たち山中工務店はこれらの「古材・古建具」、「古民具」を古民家同様、再利用は「歴史や文化を大切にし、時の経過とともに住まいを成熟させ、くらしを豊かなものにしていく」ものと考えた新たな価値観の創造をご提案します。

 

古材・古建具の魅力とは

◇ 梁や柱のどっしりとした存在感

古民家には100年を超えて住み継がれる家が少なくないことから、そこで使われていた古材や古建具にも、長い時の流れのなかで生まれた飴色や黒光りするぬくもり、梁や柱のどっしりとした存在感があります。

◇ 古材や古建具の秘められた美しさ

しかも、古材や古建具の再利用は木材資源の節約にもつながります。

ともすれば使い捨てられる運命にあった古材や古建具の秘められた美しさを見出す喜びは、宝さがしに似たものがあるかもしれません。

 

古材・古建具の利用価値

◇ 深い味わいや個性

古材や古建具は、捨ててしまえば“ゴミ”ですが、活用すればこれほど利用価値のある建築材料はありません。古材には、新しい木材では得られない長い年月をかけて培ってきた個性や深い味わいがあります。

◇ 様々なスタイルと共にコーディネート

また、古建具には、匠の技術により1つひとつ手造りで仕上げられた造形美があります。

それらは、単に和のスタイルにとどまらず、ジャパニーズモダンやクラシック、さらにはヨーロピアンなどさまざまなスタイルともコーディネートできる無限の可能性を秘めています。

古材古建具

⇒施工例を見る

ページ先頭へ

copyright(C)yamanaka-koumuten.all rights reserved.
株式会社 山中工務店 〒368-0035 埼玉県秩父市上町3丁目12番48号 TEL.0494-24-8211